通風を治すには食事の見直しが必要|現代病の応急処置

産生する能力の有無が影響

栄養補助食品

体内産生よりも補給に効果

エクオールは、大豆イソフラボンを体内に取り入れると生成されるもので、女性ホルモンの働きを盛んにする作用を持つといわれています。ところが、体内でエクオールを生成できる人とできない人に分かれていることがわかりました。ある調査では日本人女性の57%が、体内でエクオールの生成ができていません。また、特に若い女性の70〜80%は体内でエクオールを生成することができていません。エクオール酸性菌が体内にあるかどうかで分かれますが、検査を受けると自分の状態を正しく把握できます。食品から摂取する場合は、エクオール酸性菌の影響を受けますが、サプリメントとしてダイレクトに摂取できれば、このデメリットは解消できます。サプリメントでは体内に産生菌があってもなくてもエクオールが摂取できるようになっています。女性ホルモンの影響を受けやすい方は、サプリメントを使用したほうが効果を実感しやすくなるでしょう。骨密度や更年期、正常な肌の機能を維持するためにも欠かせない成分なので、不足を感じる方はサプリメントの使用が推奨されます。エクオールを生産する能力について、様々な研究が行われていますが、現在のところ明確な因果関係は不明です。ただ、相関関係として緑茶や乳製品の摂取が多い方にはエクオール酸性力の低下傾向があるといわれています。女性ホルモンを増やすために他の方法を試しても、実感が得られないなら、エクオールをサプリメントで摂取したほうが効率の良い実感が期待できるでしょう。