通風を治すには食事の見直しが必要|現代病の応急処置

疲労回復に効果あり

服用

アンモニア代謝作用

アミノ酸といえばタンパク質の素として知られていますが、中にはタンパク質にはならないけど、体内で重要な働きをするアミノ酸があります。その一つがオルニチンと呼ばれる物質で、アミノ酸の形のままで体内で機能しています。シジミなどに多く含まれているオルニチンを摂取すると腸で吸収され、肝臓や腎臓や筋肉などにその成分が移行されます。特に肝臓ではオルニチンサイクルの重要な物質として機能し、有毒なアンモニアを無害な物質に変換する働きを有します。アンモニアがたまるとエネルギーの元であるATP(アデノシン三リン酸)の産生が阻害されてしまいます。オルニチンの働きによって、エネルギー産生をスムーズにさせ疲労回復へとつながります。ひいては肝臓の保護にもつながるのです。ところで最近ではドラッグストアなどで、オルニチンが配合されたサプリメントをみかける機会が多くなりました。パッケージをみると二日酔いに効くなどが記載されており、飲酒が多い人にとっては注目すべき物質でもあります。何故二日酔いに良いかといえば、上述のようなアンモニア代謝効果が挙げられます。アルコールを摂取するとその代謝過程でアンモニアが増加し、それが脳や骨格筋に溜まると疲労感を感じやすくなります。オルニチンによって溜まったアンモニアが代謝されることで、二日酔いの症状を軽減させることが期待されます。飲み会があるときなどにオルニチンを予め用意しておくのがおすすめですが、夜お酒を飲んだ後に摂取すると良いといわれています。